春だけではない、秋にも起きる花粉症

実際に花粉症と耳にすると春の季節と考えている人も多いと思います。しかし、花粉症は春だけではなく、夏や秋にもあるとご存知ですか。今回は、春だけでなく夏や秋の花粉症についても詳しく紹介していきますので参考にしてみてください。

花粉症と言えば、春のスギ花粉症や秋のキク科の雑草がよく知られていますが、夏にも花粉症があります。おもな原因としては、イネ科の植物の花粉であるカモガヤやハルガヤ、キク科の花粉となっているブタクサ、よもぎなどです。

更に、ダニやペット、ゴキブリなどの通年性アレルゲンやガ、ユスリカなどの昆虫アレルゲン、空中真菌にも注意する必要うがあり、花粉症に代表されているアレルギー性鼻炎の治療はアレルゲンの除去と回避、薬物療法、特異的免疫療法、手術療法となっています。

その中でも、アレルゲンの除去と回避については、アレルギー性鼻炎の治療は基本となっていて、症状がひどくなってしまう前に適切な診断を受けて、原因アレルゲンを除去することが大切になってきます。

花粉以外の秋のアレルゲンですが、意外と知られていない昆虫にあると言われています。秋はガやユスリカ、ゴキブリなどの昆虫のアレルゲンが多くなる季節で死骸が粉状になたものを吸入する事により、ぜんそくやアレルギー性鼻炎を引き起こしてしまいます。実際に、昆虫アレルゲンについては、一般的に知られていないのですが、重要なアレルゲンと言われています。

夏や秋にも症状が現れるのが、目鼻のアレルギー症状です。アレルギー性鼻炎や花粉症は冬から春にかけてスギ花粉やヒノキ花粉が思い浮かびますが、秋に症状が出る人や1年中症状が出る人も少なくないと言われています。

夏や秋の花粉症については、イネ科の植物やキク科の植物のブタクサ、ヨモギなどとなっていますが、特に秋の花粉としてはキク科の花粉が秋の主な花粉症の原因となっているのです。

9月~10月にかけては、生活環境の中でや種類の真菌が存在して、様々なアレルギーを引き起こすと言われています。その原因としては、室内外の環境に存在しているものとヒトの皮膚に常在している菌、高温、気温、ホコリなど住居の気密性が高くなって温度が高くなってカビが発生しやすい環境となっていると言われています。

空中真菌の発生時期は、室内外同じで、4月から11月までの間で特に5月~7月の梅雨時期と9月~10月の秋の時期がピークと言われていて、冬は少ないと言われています。

アレルギーの重症化を防ぐためには、きちんとアレルギー性鼻炎の治療が必要になってます。室内のダニの除去方法ですが、室内の掃除は排気循環式の掃除機などを使うようにして、時間をかけて週に2回以上掃除をするようにしましょう。

織物やソファー、カーペット、畳は避けるようにして、ベットのマットやふとん、枕に関しては、ダニを通さないカバーなどを活用するようにしましょう。部屋の湿度を50%、室温を20~25度に保つことがお勧めできます。

スギ花粉については、花粉情報をきちんと確認するようにしましょう。飛散の多い時はなるべく外出を控えるようにして、窓や戸を閉めておき、外出する際には、マスクや眼鏡を活用しましょう。

表面がげばけばしているコートは避けるようにして、帰宅時は、衣類や髪をきちんと払って部屋に入るようにして、洗顔がうがい、鼻をかむという事を意識して習慣にすることが重要になってきます。

原因となっているアレルゲンを知る為には、きちんと検査を行う必要があります。アレルギー検査を行う事により原因を知ることができて適切な治療を行っていく事が可能となっています。

通年病になりつつあると言われている花粉症の原因については、植物により症状は違ってきます。春のスギ花粉の場合には、花粉分子径は大きいので、鼻粘膜に溜まりやすく、下気道への影響は少ないと言われています。春の花粉症は、くしゃみ、鼻水が代表的となっています。

秋の花粉症については、花粉の粒子は小さいので気管に入ってしまい喘息や気管支炎などを引き起こしてしまうケースもあります。花粉の特徴により、症状に違いがありますが、放置するのではなく、何らかの症状を感じた場合には、対処していく必要があります。

実際に花粉症の症状ですが、透明なサラッとした鼻水が出る、1週間以上鼻水、くしゃみが続いている、目と鼻にかゆみを伴う、1日に何度もくしゃみが出る、熱っぽいと感じるが微熱程度で高熱は出ないという症状です。

花粉症かもと感じた場合には、なるべく早めに病院へ行く事により対策することがでいますし、症状の悪化を防ぐ事が出来ます。最近では、鼻炎薬も販売されていますが、何よりも自分に合った薬で治療を行っていく必要があります。

花粉症の症状は辛いと言われていますが、いつ花粉症にかかるかわからないと言われています。数十年かかってしないという人が、40歳になった花粉症になってしまうという事もありますので、何よりも専門科に早めに受診するようにしましょう。