花粉症だけではない、人体に起きる死をも招くアレルギー症状・・・

花粉症だけでなく、人体に起きるアレルギー症状って知っていますか?実際に死に至ることもあると言われています。今回は、食物アレルギーについて詳しく紹介していきますので参考にしてみてください。

食物アレルギーを持っている子供が9年間で約12万人増加しているという調査結果が出ています。体調を崩したり、アナフィラキシーショックを引き起こしてしまうと死に至ってしまうケースもあると言われています。

アレルギーと耳にすると花粉症などという事が浮かんできますが、アレルギーはたくさんあります。食物アレルギー、動物アレルギー、金属アレルギー、薬物アレルギーなど様々なアレルギーがあります。

アレルギーのメカニズムですが、私たちの体には、ウイルスや細菌などの異物が入った際に、体内に抗体が作られています。外敵をやつけて体を守ろうとする免疫という仕組みが備わっているのです。しかし、この免疫のしくみが、食べ物や花粉などわたしたちの体に害を与えないはずの物質に対しても有害だと過剰に反応してしまうのがアレルギー反応なのです。

植物、花粉、ダニ、ハウスダスト、薬物など私たちの周りには多くの種類のアレルギー原因となるアレルゲンがあります。アレルゲンが口や鼻、目、皮膚から侵入して体の中に入ると、免疫反応により体内に抗体が作られて、皮膚や粘膜にあるマスト細胞にくっつきます。

アレルゲンが再度体内に入り込み、マスト細胞にくっついた抗体に結合する事により、マスト細胞からアレルギー症状を引き起こしてしまうヒスタミンなどの化学物質が放出されて、かゆみなどの症状が現れてしまう仕組みになっています。

食物アレルギーは、ある特定の物を食べると腸管から抗原性を保って吸収されて、アレルゲンと認識されてしまい、アレルギー症状が起こってしまうのが食物アレルギーです。

食物アレルギーは子供に多いと言われていて、成長段階で消化機能が未熟で、アレルゲンであるタンパク質を小さく分解する事が出来ないことが一つの原因となっています。しかし、成長する事により、消化吸収機能が発達する事により、原因となる植物に対して耐性がついて、アレルギーが出なくなってくる可能性もあると言われています。

特に小さいころには、牛乳を原因としてアレルギーで嘔吐や下痢などの症状が起きてしまったり、たまご、小麦、大豆などが原因となりアトピー皮膚炎を引き起こしてしま事が多いと言われています。

症状としては、じんましん、痒みなどの他に咳、呼吸困難などの呼吸器症状、口や目が明かくなってしまうなど粘膜症状や腹痛、吐き気、下痢などの消化器症状が出ることがあります。

更にアレルゲを食べたり、吸い込んでしまう事によりアナフィラキシーショックを起こしてしまう小おtもあり、発症後極めて短い時間の間に、全身性にアレルギー症状が出てしまう反応で、血圧の低下や意識障害などを引き起こしてしまう場合もあり、生命の危険を伴う場合もあります。

実際に、今の時代には、ニュースなどで様々なアレルギーの問題も課題となっていますが、学校などに通っている場合には、先生なども意識を高めておく必要があると言われていて、処置の方法により、命が助かる場合と命がなくなってしまうということも問題となっています。

実際にアレルギーはいつ出てくるかわからないという事もあり、小さいことには特に注意が必要で、何がダメなのかきちんと病院に受診して把握しておく必要もあります。把握する事により、自分がアレルギーを引き起こす食材を避けるようにする事も重要になってきます。

小さいころは自分が子供の食事などを管理する事が出来ますが、学校へ入学すると給食などとなる学校も多いので、その中で、何がダメなのかきちんと話し合いが必要になってきます。

今の時代は、アレルギー検査などをしっかり行って、医師の診断書などを学校側に渡す必要もあり、その中で、給食など例えばエビがダメな場合には、エビフライの時はコロッケなど、かわりの物を出してくれる仕組みになっています。

先生もクラスのすべての把握が難しいという事もあり、逆に出張などで自分がいないという時に問題があったというケースも多いと言われていますが、何よりもある程度の年齢になると自分でしっかり理解させるようにする事も大事になってきます。

1年前までは、遠足などでお菓子の交換などが良かったという学校においても、先生方が把握できないという事もあり、お菓子の交換がダメになってしまったり、旅行などに行くと、お土産を買ってくる生徒もいますが、それを禁止にしたりと様々な工夫が行われています。

実際に、アレルギーが発生してしまうものを食べる事により、命の危険を伴うという事もあり、医師ではないので対応も難しいという学校生活の中でもそうならないように様々な事に取り組んではいますが、逆に、徹底してもアレルギーがない子供側からすると納得できないという事もあります。

今の時代は、食物アレルギーの子供が多くなっていますので学校側の対応も難しいと感じますが、それなりにきちんと病状などを伝えることが何より大切なので、きちんと病院を受診して診断結果を学校側に報告する事も何より大切になってきます。