サーファーに花粉症はいないというウワサについて

サーファーに花粉症はいないとうわさで聞いたのですが、本当に、サーファーに花粉症はいないのでしょうか。実際に紫外線を浴びる事により、ビタミンDが取れるからという情報をテレビでも目にしました。本当なのでしょうか?

自分が感じたのは、ビタミンDを摂取する事により、改善する事も出来るのかなとも感じたし、風邪を引きやすい人は、紫外線に当たる機会が少ない人などという事も目にしました。

サーファーに花粉症はいないという本が実際にあると言われていて、ビタミンDとアレルギー症状の密接な関係が明らかになっています。ビタミンDは花粉アレルギーを根本から改善してくれると言われています。

その理由は、ビタミンDは免疫調整ホルモンだからなのです。更に、ビタミンDは昔から骨の材料となるカルシウムを体内に取り込みやすくなると言われていて、日光を浴びる事により、皮膚でコレステロールを原料して合成されるのです。

紫外線に当たらないと合成できずに、骨形成に異常が起こってしまうくる病を招くことは有名となっています。機能性医学ではビタミンDを免疫系を正常に動かせるやめの必要な栄養素ととらえられているという事が分かっています。

ビタミンDが不足する事により、免疫系に異常が起きてしまいそれがアレルギーを発症させてしまう一因になっているともいわれているのです。ビタミンDは通常は体内で脂肪に備蓄されていて、必要な時に使われます。

欠乏する事により、備蓄も少なくなって大量に摂取しても摂取後6時間程度で血中濃度が下がってしまいます。それに伴い鼻の通りも悪くなり、鼻が出てしまうのです。

実際に花粉症の症状がある人にビタミンDを試した結果ですが、すべての人が症状の改善を認めています。更にビタミンDが完全に代謝される数時間後は、同じ症状が戻ってくるという結果になりました。

ビタミンDの役割ですが、腸管でカルシウム、マグネシウム、リン吸収の促進や腎臓からのカルシウム喪失抑制と副甲状腺を介した血中カルシウムの濃度の維持、骨形成や骨のカルシウム、マグネシウム吸収の円滑化が挙げられています。

更に今注目を浴びているビタミンDの機能ですが、細胞分化誘導が挙げられています。ビタミンDは他のステロイドホルモン同様に、細胞の核にあるビタミンD受容体に働きかけて、正常な細胞への分化を誘導します。ビタミンDが不足してしまう事により、適切に細胞の分裂が行われないので、癌などの疾患が増加してしまうと言われています。

免疫担当細胞の調整を行う事も出来ます。リンパ球などの免疫担当細胞にもビタミンD受容体があり、ビタミンDが欠乏すると免疫バランスが崩れてしまい花粉症のような異常な免疫反応を生じてしまいます。リウマチ、一型糖尿病などの自己免疫疾患、アトピー性皮膚炎、喘息などの花粉症以外のアレルギーが発症してしまう可能性もあると言われています。

血圧上昇ホルモンの分泌を調整することが可能と言われています。実際に血圧上昇の原因となっているホルモンについては腎臓で作られていますが、その分泌上昇をビタミンDが抑制してくれると言われています。

今の時代には、紫外線を避ける方が良いと言われていて、何よりも対策を行って外出する人が多く成っていますが、実際に紫外線をしっかり浴びる事により、様々な効果を期待する事ができると言われています。

紫外線は人にとって悪いと考えている人も多いと思いますが、害だけではないという事を知る必要があり、UV対策が世界一進んでいる日本の女性は、ほとんどビタミンD欠乏症になってしまっているとも言われています。

重要なビタミンD生成のために、紫外線を浴びる必要があるという事をこれから意識していくようにしましょう。太陽光を浴びる目安としては、週に2回程度、顔や手足に日焼け止めを塗らない状態で、5分から30分程度浴びるだけよいと言われていますので、日常の生活の中に取り入れてみるようにしましょう。

その中で、花粉症を予防する為には、紫外線を浴びるという事だけでなく、ビタミンDを多く含んでいる食材を摂取する事も意識してみるようにしましょう。ビタミンDは主にきのこ類や魚類に多く含まれています。

しかし、日常で摂りやすい食材ではないと感じている人は、サプリメントなどを愛用して手軽に摂取するようにしましょう。花粉症を治したい人がビタミンDをサプリメントは、沢山の種類がありますが、何よりも自分に合ったものを選ぶ必要があり、手軽に続けやすいものを選ぶようにしましょう。

実際にビタミンDの過剰摂取についてですが、免疫調整ホルモンとなってkますが、不足を食事やサプリで積極的に摂るのは重要ですが、長く飲み続ける場合でも副作用などなく安心して摂取する事が出来ますが、医師などのアドバイスを受ける必要もあります。

サプリメントを購入する際のポイントとしては、日本製の物を選ぶようにして、季節のかわり目の花粉症やアレルギーの悩みを抱えている人は、食事でも意識してビタミンDを摂取していくようにしましょう。