月別アーカイブ: 2017年7月

花粉症で今まで一番困った事|学校のテストに集中できない・・・

今の時代は、受験の時期に花粉症になってしまうという事もあり、受験生はしっかり対策を行っていく必要があります。今回は、受験やテスト中で花粉症が一番つらかったなどの悩みを紹介していきます。

実際の保護者の悩み

・目や鼻をかゆがって、勉強に集中する事が出来ません。原因としては花粉症だとはっきりしているのですが、耳鼻科に行きたがらず困っています。

・しょうちゅう鼻がつまってしまい、集中力が続かないと言っています。夜寝付きも悪く疲れが取れていないのではと心配になります。

・鼻がつまると頭がボーッとして勉強が手につかず、鼻水を止める薬を飲むと眠くなって集中する事ができない、うちの子はこの悪循環から抜け出せません。

・眠くなると授業に集中できないので、日中は薬を飲まないように伝えているのですが、薬を飲まないと花粉症の症状が止まらないので、イライラして結局授業に集中できないと言っています。

・娘はもともと肌が弱いのですが、花粉の時期はかぶれてさらに真赤になりかゆみを伴ってみているのも辛いです。

・担任の先生も子供の花粉症に対して理解を深めて、症状が重い時などには気をつかってくれるようになりました。

・うちの子は花粉症なのですが、今までは教室に花粉症の友達がいない状態で、授業中に鼻をかんだり、マスクをしたりする姿が目立ってしまっていました。これから花粉症の子供が増えればそうした姿も目立たなくなってくると思います。子供の花粉症に悩む保護者も増えるはずなので、相談し合いたいとも感じています。

・花粉症に限らず、アレルギー疾患などを全般的に予防する為に、子供の食生活にはかなり気を遣っています。

・手洗いとうがいをしっかり徹底する事にして、花粉に限らず、ほとんどの病気を未然に防ぐ基本だと感じています。

・うちの子は花粉症ではありませんが、花粉情報などで空気中の花粉の量が多いとされた日は、念のために洗濯ものや布団を外に干さないようにしています。

・眠くなりにくい薬、副作用の少ない薬には、どのようなものがあるのか、情報があんまりないので困っています。

・うちの子は花粉症ですが、部活や習い事などで忙しく、病院にいく時間を思うように取れません。自宅でできる治療法を探しています。

・バイオテクノロジーが発達した今の時代では、花粉症の症状をやわらげる成分などの解明も進んでいるのではないかと思います。身近な食材で効果があるものを知りたいと感じています。

・子供の花粉症が増えていると聞いていますが、実際にどれくらい増えているのかはよくはっきり理解できません。発症数、増加数を詳しく知りたいと感じています。

そんなときの悩みを対策する為には、花粉症があると鼻水が出てきますし、そうなると目の前の問題に対して集中する事が出来ないので、受験の前にはしっかりとコンディションを整える必要があります。

出来るだけ花粉症になりにくい体質に改善していくようんしいましょう。受験中には、花粉症の薬で出来るだけ眠くなりにくい薬を見つけるようにしましょう。受験の最中にはできるだけ頭をスッキリさせてティッシュの上手な使い方を見つけるようにしましょう。

今の時代では、ネットで様々な情報を調べることが出来るようになっていますが、情報を集めて無理なくできる事から改善を目指していくようにしましょう。

花粉症を改善していくための方法としては、緑茶が良いと言われていますので、日常で毎日摂取するようにしましょう。更に腸内環境を整えることが重要と言われていますので、乳酸菌などを取り入れるようにする事も大事になってきます。

また、何より重要な事は、受験勉強で睡眠不足になってしまう事も症状の悪化を招いてしまう可能性がありますので、様々な体験談の声を参考にしてみるようにしましょう。

花粉症は、発症してしまうと毎年なってしまうので、早めに対策を行う事も重要になってきます。花粉症に悩んでいる場合には、洗濯物を外に干さないようにしたり、手洗いうがいなどを徹底するようにしたり、マスクなどをきちんとつけて外出するようにしましょう。

さらに、体調を整える為には、バランスの良い食事を心がけるようにして、様々な成分を摂取する必要があります。偏った食事では、体の調子を整えることが出来ませんので、沢山の栄養素を摂取するようにすることで、症状を軽減する事ができて、花粉症を乗り越えることが出来ると思います。

今の時代は、花粉症になる子供が増えていますが、その中でもきちんと正しいサイトを活用して、対策や予防を行っていく事が何よりも重要になってきます。

アレルギーの症状は神経質すぎてしまう事により、逆効果となってしまう場合もありますが、基本的な手洗いうがいなどは、他の病気にも効果を期待する事が可能となっていますので、是非取り入れてみるようにしましょう。

健康な状態を維持する事は今の時代は難しいと言われていますが、努力する事により、徐々に症状を和らげることが可能となっていますので、できる事から始めてみるようにしましょう。

花粉症は現代病!?昔から花粉症は存在していたのか!?

花粉症は現在病とも言われています。実際に春には恋をといいますが、春には花粉症となり、恋どころではないと感じますよね。春先に襲われるくしゃみや鼻みず、鼻づまり、目のかゆみなどが症状となっています。昔から花粉症はあったのでしょうか。

スギ花粉にかんしては、ひと昔前まではその名さえも知られていませんでした。1964年、東京オリンピックの年に、オリンピック後の日本の経済発展の歩調に合わせるように増加してきました。

中でも、1976年、1979年には花粉の大飛散が生じて、花粉症の激増をもたらしましたが、1979年には、社会問題にもなりました。スギ花粉は、その年以来様々な地域で国民病とも言われるようになっています。

花粉症というのは、典型的なアレルギー疾患で、抗原抗体反応によって生じるびゅおきとなっていて、抗原である杉花粉が増加する頃で、疾患それ自体も増加してきたのです。日本では、戦後復興期のさなかでしたが、復興のために日本中の山々の木がほとんどきり倒されて、洪水などを引き起こしてしまうので、スギやヒノキが植林されました。

その結果、洪水はコントロールする事が出来るようになったのですが、山々はスギやヒノキの緑に覆われるようになり、スギの木が成長して花粉を大量に飛散されるようになるのが、ほぼ樹齢30年と言われていて、1950年に植林された杉の木が大量に花粉を飛ばすようになるのは、1980年前後という事が理解できます。

1979年かた毎年日本を過ぎ花粉症が襲い、国民病と言われてるほどになり、大量の患者さんが発生してしまった、理由ともなっているのです。

更に昔は、ストレスや食生活の変化はありませんでしたが、今の時代では、様々なストレスや食生活の変化を日常で感じている人も多いと思います。

実際に、今の時代ほどではありませんが、昔の人でスギやヒノキなどの花粉は飛散していましたが、それでも花粉症を訴える人は多くなかったそうです。昔と違って、今の時代は、ストレスフルな社会で食生活や不規則な生活環境の中で生きています。

このような変化により、人間の体が昔の人とは違って、本来なた体に対して何の害もないはずのスギやヒノキなどの花粉を、人体にとって害のある異物を敵とみなして、アレルギー反応を起こすようになってしまったという説もあります。

今の時代では、少子高齢化や景気の悪化などの問題を抱えています。そのために、会社で働く時間が次第に増加してきて、残業ばかりで会社への不満を抱えている人が多くなっています。

更に、自分自身が難勉な人で会社への不満を持っていないという場合でも、上司が八つ当たりしてきてそれがストレスになってしまうというケースもあります。

そして、子供に関する問題でも、家族旅行する機会が減ったり、親とのコミュニケーションを行う時間が減ってしまう事により、意見が合わなくなってしまい、同じようにストレスを感じてしまう時代となっています。

女性も社会進出しやすくなったり、育児休暇をもらうことができるようになり、昔と比べると良いと感じる点もありますが、総合的にみるとストレスを感じやすい世の中になってきています。

食事面に対しても、昔の人は確かに穀類や魚類中心の和食を食べていましたが、今の時代は、欧米化して、肉類中心の脂っぽい食事やファーストフード、レトルトなどの添加物がいっぱいの食事に変わってきています。

昔は家で作った野菜を食べたり、海や山で魚や動物、キノコ、山菜などを採って食べたりしていました。今では食べ物を販売しているお店が多くなり、身近で価格も手ごろな価格で食べ物を入手する事が出来て、スーパーやコンビニを頼るようになりました。

それにより食事のバランスなども崩れてしまい、便秘に悩む人も増えて、腸内環境も悪化しているという事と、仕事や家庭、学校においてストレスなども合わさってしまい、免疫力が低下しているのです。その結果、新陳代謝も衰えてしまっている人が多くなっています。

その結果が、反応しなくてもよい花粉に過剰に反応してしまい、鼻水やくしゃみ、鼻づまり、目のかゆみなどのアレルギー反応を起こしてしまいやすくなっているのです。

住んでいる環境に対しても、昔は周りに建物が少なく庭のスペースも広く、家と家の間には、広いスペースがあり、比較的に通気性がよく、良い環境を維持する事ができました。

現在では、高気密住宅は、冷暖房効果を高める一方で風通しが悪いのでハウスダストやダニが発生しやすいだけでなく、たまりそれに対するアレルギー反応が起こってしまいやすい環境となっています。

それらに過剰に反応する体が、同じように花粉にも過剰に反応してしまい花粉症になってしまうと言われています。何よりも時代の変化により、かかる病気なども違ってきますし、実際に花粉症においても自分達の生活習慣や時代で発症してしまっているという結果になります。

日常でストレスがないという人は少ないと思いますが、体調管理をきちんと行っていく為には、何よりもストレス発散方法を見つけるようにして、健康的な生活を送る事が出来る環境に導いていく必要があります。

サーファーに花粉症はいないというウワサについて

サーファーに花粉症はいないとうわさで聞いたのですが、本当に、サーファーに花粉症はいないのでしょうか。実際に紫外線を浴びる事により、ビタミンDが取れるからという情報をテレビでも目にしました。本当なのでしょうか?

自分が感じたのは、ビタミンDを摂取する事により、改善する事も出来るのかなとも感じたし、風邪を引きやすい人は、紫外線に当たる機会が少ない人などという事も目にしました。

サーファーに花粉症はいないという本が実際にあると言われていて、ビタミンDとアレルギー症状の密接な関係が明らかになっています。ビタミンDは花粉アレルギーを根本から改善してくれると言われています。

その理由は、ビタミンDは免疫調整ホルモンだからなのです。更に、ビタミンDは昔から骨の材料となるカルシウムを体内に取り込みやすくなると言われていて、日光を浴びる事により、皮膚でコレステロールを原料して合成されるのです。

紫外線に当たらないと合成できずに、骨形成に異常が起こってしまうくる病を招くことは有名となっています。機能性医学ではビタミンDを免疫系を正常に動かせるやめの必要な栄養素ととらえられているという事が分かっています。

ビタミンDが不足する事により、免疫系に異常が起きてしまいそれがアレルギーを発症させてしまう一因になっているともいわれているのです。ビタミンDは通常は体内で脂肪に備蓄されていて、必要な時に使われます。

欠乏する事により、備蓄も少なくなって大量に摂取しても摂取後6時間程度で血中濃度が下がってしまいます。それに伴い鼻の通りも悪くなり、鼻が出てしまうのです。

実際に花粉症の症状がある人にビタミンDを試した結果ですが、すべての人が症状の改善を認めています。更にビタミンDが完全に代謝される数時間後は、同じ症状が戻ってくるという結果になりました。

ビタミンDの役割ですが、腸管でカルシウム、マグネシウム、リン吸収の促進や腎臓からのカルシウム喪失抑制と副甲状腺を介した血中カルシウムの濃度の維持、骨形成や骨のカルシウム、マグネシウム吸収の円滑化が挙げられています。

更に今注目を浴びているビタミンDの機能ですが、細胞分化誘導が挙げられています。ビタミンDは他のステロイドホルモン同様に、細胞の核にあるビタミンD受容体に働きかけて、正常な細胞への分化を誘導します。ビタミンDが不足してしまう事により、適切に細胞の分裂が行われないので、癌などの疾患が増加してしまうと言われています。

免疫担当細胞の調整を行う事も出来ます。リンパ球などの免疫担当細胞にもビタミンD受容体があり、ビタミンDが欠乏すると免疫バランスが崩れてしまい花粉症のような異常な免疫反応を生じてしまいます。リウマチ、一型糖尿病などの自己免疫疾患、アトピー性皮膚炎、喘息などの花粉症以外のアレルギーが発症してしまう可能性もあると言われています。

血圧上昇ホルモンの分泌を調整することが可能と言われています。実際に血圧上昇の原因となっているホルモンについては腎臓で作られていますが、その分泌上昇をビタミンDが抑制してくれると言われています。

今の時代には、紫外線を避ける方が良いと言われていて、何よりも対策を行って外出する人が多く成っていますが、実際に紫外線をしっかり浴びる事により、様々な効果を期待する事ができると言われています。

紫外線は人にとって悪いと考えている人も多いと思いますが、害だけではないという事を知る必要があり、UV対策が世界一進んでいる日本の女性は、ほとんどビタミンD欠乏症になってしまっているとも言われています。

重要なビタミンD生成のために、紫外線を浴びる必要があるという事をこれから意識していくようにしましょう。太陽光を浴びる目安としては、週に2回程度、顔や手足に日焼け止めを塗らない状態で、5分から30分程度浴びるだけよいと言われていますので、日常の生活の中に取り入れてみるようにしましょう。

その中で、花粉症を予防する為には、紫外線を浴びるという事だけでなく、ビタミンDを多く含んでいる食材を摂取する事も意識してみるようにしましょう。ビタミンDは主にきのこ類や魚類に多く含まれています。

しかし、日常で摂りやすい食材ではないと感じている人は、サプリメントなどを愛用して手軽に摂取するようにしましょう。花粉症を治したい人がビタミンDをサプリメントは、沢山の種類がありますが、何よりも自分に合ったものを選ぶ必要があり、手軽に続けやすいものを選ぶようにしましょう。

実際にビタミンDの過剰摂取についてですが、免疫調整ホルモンとなってkますが、不足を食事やサプリで積極的に摂るのは重要ですが、長く飲み続ける場合でも副作用などなく安心して摂取する事が出来ますが、医師などのアドバイスを受ける必要もあります。

サプリメントを購入する際のポイントとしては、日本製の物を選ぶようにして、季節のかわり目の花粉症やアレルギーの悩みを抱えている人は、食事でも意識してビタミンDを摂取していくようにしましょう。

春だけではない、秋にも起きる花粉症

実際に花粉症と耳にすると春の季節と考えている人も多いと思います。しかし、花粉症は春だけではなく、夏や秋にもあるとご存知ですか。今回は、春だけでなく夏や秋の花粉症についても詳しく紹介していきますので参考にしてみてください。

花粉症と言えば、春のスギ花粉症や秋のキク科の雑草がよく知られていますが、夏にも花粉症があります。おもな原因としては、イネ科の植物の花粉であるカモガヤやハルガヤ、キク科の花粉となっているブタクサ、よもぎなどです。

更に、ダニやペット、ゴキブリなどの通年性アレルゲンやガ、ユスリカなどの昆虫アレルゲン、空中真菌にも注意する必要うがあり、花粉症に代表されているアレルギー性鼻炎の治療はアレルゲンの除去と回避、薬物療法、特異的免疫療法、手術療法となっています。

その中でも、アレルゲンの除去と回避については、アレルギー性鼻炎の治療は基本となっていて、症状がひどくなってしまう前に適切な診断を受けて、原因アレルゲンを除去することが大切になってきます。

花粉以外の秋のアレルゲンですが、意外と知られていない昆虫にあると言われています。秋はガやユスリカ、ゴキブリなどの昆虫のアレルゲンが多くなる季節で死骸が粉状になたものを吸入する事により、ぜんそくやアレルギー性鼻炎を引き起こしてしまいます。実際に、昆虫アレルゲンについては、一般的に知られていないのですが、重要なアレルゲンと言われています。

夏や秋にも症状が現れるのが、目鼻のアレルギー症状です。アレルギー性鼻炎や花粉症は冬から春にかけてスギ花粉やヒノキ花粉が思い浮かびますが、秋に症状が出る人や1年中症状が出る人も少なくないと言われています。

夏や秋の花粉症については、イネ科の植物やキク科の植物のブタクサ、ヨモギなどとなっていますが、特に秋の花粉としてはキク科の花粉が秋の主な花粉症の原因となっているのです。

9月~10月にかけては、生活環境の中でや種類の真菌が存在して、様々なアレルギーを引き起こすと言われています。その原因としては、室内外の環境に存在しているものとヒトの皮膚に常在している菌、高温、気温、ホコリなど住居の気密性が高くなって温度が高くなってカビが発生しやすい環境となっていると言われています。

空中真菌の発生時期は、室内外同じで、4月から11月までの間で特に5月~7月の梅雨時期と9月~10月の秋の時期がピークと言われていて、冬は少ないと言われています。

アレルギーの重症化を防ぐためには、きちんとアレルギー性鼻炎の治療が必要になってます。室内のダニの除去方法ですが、室内の掃除は排気循環式の掃除機などを使うようにして、時間をかけて週に2回以上掃除をするようにしましょう。

織物やソファー、カーペット、畳は避けるようにして、ベットのマットやふとん、枕に関しては、ダニを通さないカバーなどを活用するようにしましょう。部屋の湿度を50%、室温を20~25度に保つことがお勧めできます。

スギ花粉については、花粉情報をきちんと確認するようにしましょう。飛散の多い時はなるべく外出を控えるようにして、窓や戸を閉めておき、外出する際には、マスクや眼鏡を活用しましょう。

表面がげばけばしているコートは避けるようにして、帰宅時は、衣類や髪をきちんと払って部屋に入るようにして、洗顔がうがい、鼻をかむという事を意識して習慣にすることが重要になってきます。

原因となっているアレルゲンを知る為には、きちんと検査を行う必要があります。アレルギー検査を行う事により原因を知ることができて適切な治療を行っていく事が可能となっています。

通年病になりつつあると言われている花粉症の原因については、植物により症状は違ってきます。春のスギ花粉の場合には、花粉分子径は大きいので、鼻粘膜に溜まりやすく、下気道への影響は少ないと言われています。春の花粉症は、くしゃみ、鼻水が代表的となっています。

秋の花粉症については、花粉の粒子は小さいので気管に入ってしまい喘息や気管支炎などを引き起こしてしまうケースもあります。花粉の特徴により、症状に違いがありますが、放置するのではなく、何らかの症状を感じた場合には、対処していく必要があります。

実際に花粉症の症状ですが、透明なサラッとした鼻水が出る、1週間以上鼻水、くしゃみが続いている、目と鼻にかゆみを伴う、1日に何度もくしゃみが出る、熱っぽいと感じるが微熱程度で高熱は出ないという症状です。

花粉症かもと感じた場合には、なるべく早めに病院へ行く事により対策することがでいますし、症状の悪化を防ぐ事が出来ます。最近では、鼻炎薬も販売されていますが、何よりも自分に合った薬で治療を行っていく必要があります。

花粉症の症状は辛いと言われていますが、いつ花粉症にかかるかわからないと言われています。数十年かかってしないという人が、40歳になった花粉症になってしまうという事もありますので、何よりも専門科に早めに受診するようにしましょう。

花粉症だけではない、人体に起きる死をも招くアレルギー症状・・・

花粉症だけでなく、人体に起きるアレルギー症状って知っていますか?実際に死に至ることもあると言われています。今回は、食物アレルギーについて詳しく紹介していきますので参考にしてみてください。

食物アレルギーを持っている子供が9年間で約12万人増加しているという調査結果が出ています。体調を崩したり、アナフィラキシーショックを引き起こしてしまうと死に至ってしまうケースもあると言われています。

アレルギーと耳にすると花粉症などという事が浮かんできますが、アレルギーはたくさんあります。食物アレルギー、動物アレルギー、金属アレルギー、薬物アレルギーなど様々なアレルギーがあります。

アレルギーのメカニズムですが、私たちの体には、ウイルスや細菌などの異物が入った際に、体内に抗体が作られています。外敵をやつけて体を守ろうとする免疫という仕組みが備わっているのです。しかし、この免疫のしくみが、食べ物や花粉などわたしたちの体に害を与えないはずの物質に対しても有害だと過剰に反応してしまうのがアレルギー反応なのです。

植物、花粉、ダニ、ハウスダスト、薬物など私たちの周りには多くの種類のアレルギー原因となるアレルゲンがあります。アレルゲンが口や鼻、目、皮膚から侵入して体の中に入ると、免疫反応により体内に抗体が作られて、皮膚や粘膜にあるマスト細胞にくっつきます。

アレルゲンが再度体内に入り込み、マスト細胞にくっついた抗体に結合する事により、マスト細胞からアレルギー症状を引き起こしてしまうヒスタミンなどの化学物質が放出されて、かゆみなどの症状が現れてしまう仕組みになっています。

食物アレルギーは、ある特定の物を食べると腸管から抗原性を保って吸収されて、アレルゲンと認識されてしまい、アレルギー症状が起こってしまうのが食物アレルギーです。

食物アレルギーは子供に多いと言われていて、成長段階で消化機能が未熟で、アレルゲンであるタンパク質を小さく分解する事が出来ないことが一つの原因となっています。しかし、成長する事により、消化吸収機能が発達する事により、原因となる植物に対して耐性がついて、アレルギーが出なくなってくる可能性もあると言われています。

特に小さいころには、牛乳を原因としてアレルギーで嘔吐や下痢などの症状が起きてしまったり、たまご、小麦、大豆などが原因となりアトピー皮膚炎を引き起こしてしま事が多いと言われています。

症状としては、じんましん、痒みなどの他に咳、呼吸困難などの呼吸器症状、口や目が明かくなってしまうなど粘膜症状や腹痛、吐き気、下痢などの消化器症状が出ることがあります。

更にアレルゲを食べたり、吸い込んでしまう事によりアナフィラキシーショックを起こしてしまう小おtもあり、発症後極めて短い時間の間に、全身性にアレルギー症状が出てしまう反応で、血圧の低下や意識障害などを引き起こしてしまう場合もあり、生命の危険を伴う場合もあります。

実際に、今の時代には、ニュースなどで様々なアレルギーの問題も課題となっていますが、学校などに通っている場合には、先生なども意識を高めておく必要があると言われていて、処置の方法により、命が助かる場合と命がなくなってしまうということも問題となっています。

実際にアレルギーはいつ出てくるかわからないという事もあり、小さいことには特に注意が必要で、何がダメなのかきちんと病院に受診して把握しておく必要もあります。把握する事により、自分がアレルギーを引き起こす食材を避けるようにする事も重要になってきます。

小さいころは自分が子供の食事などを管理する事が出来ますが、学校へ入学すると給食などとなる学校も多いので、その中で、何がダメなのかきちんと話し合いが必要になってきます。

今の時代は、アレルギー検査などをしっかり行って、医師の診断書などを学校側に渡す必要もあり、その中で、給食など例えばエビがダメな場合には、エビフライの時はコロッケなど、かわりの物を出してくれる仕組みになっています。

先生もクラスのすべての把握が難しいという事もあり、逆に出張などで自分がいないという時に問題があったというケースも多いと言われていますが、何よりもある程度の年齢になると自分でしっかり理解させるようにする事も大事になってきます。

1年前までは、遠足などでお菓子の交換などが良かったという学校においても、先生方が把握できないという事もあり、お菓子の交換がダメになってしまったり、旅行などに行くと、お土産を買ってくる生徒もいますが、それを禁止にしたりと様々な工夫が行われています。

実際に、アレルギーが発生してしまうものを食べる事により、命の危険を伴うという事もあり、医師ではないので対応も難しいという学校生活の中でもそうならないように様々な事に取り組んではいますが、逆に、徹底してもアレルギーがない子供側からすると納得できないという事もあります。

今の時代は、食物アレルギーの子供が多くなっていますので学校側の対応も難しいと感じますが、それなりにきちんと病状などを伝えることが何より大切なので、きちんと病院を受診して診断結果を学校側に報告する事も何より大切になってきます。